いしそつう。

とある日の残業時間。

広いフロアに残っているのは数名。
隣には上司が私と同じようにパソコンに向かい、
時々別の社員さんと話したり電話したり。
私は黙ってパソコンとにらめっこ。

そんな中、私の机にあった内線音が鳴り、
電話の表示を見ると別フロアにいる、前の部署で私が仕事を引き継いだ人の名前。
どうやら作業中のパソコンのファイルがおかしくなったらしい。

「―――じゃあ、とりあえずエクセル画面の左上にある
うにょうにょボタン押してもらったら“名前を付けて保存”ってのがあると思うんで
それ押してもらっていいですか?・・・・はい、それで出た画面で
デスクトップに・・・・」

何とか解決したみたいで通話終了。
再び自分の仕事を再開し、
隣りも丁度電話も何もなかった時だったみたいで
しばらく沈黙な空間が続く。

そしてしばらくして上司がおもむろに立ち上がり、

「マメさん(仮)―――ちょっと教えてもらっていい?」
「はい?」

頼まれて資料を作っている最中だったので
その内容についてやろか?
体を横に向け、聞く体制になると

「・・・・うにょうにょボタンって何?」


――そこひっかかりましたか?っていうか、会話聞かれてましたか?

改めて聞かれると恥ずかしいのですが、
エクセルファイル(Ver8以上?)を開いた時に
左上にある、ウィンドウズマークをぐちゃぐちゃにしたような、
以前の『ファイル』ボタンの代わりになるボタンです。
名前がわからないので何かうにょうにょしてるし、実際これで通じてるし。

上司にその旨を説明すると、崩れ落ちた後、

「『オフィスボタン』と言うそうです」

すぐにネットで正式名称を検索してくださいました。
・・・・でも、相手に伝わらなかったら正式名称で呼んでも意味ないと思いません?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック