気分はゲイニンさん?

いつも行く美容院。
やってもらってる間中、まぁそれなりに世間話。
従業員二人だけの、こじんまり美容室(そういうとこが気が楽でよいのです)。
場所もほぼ地元(正確には隣り町)で、担当者さんも地元出身らしく、話がローカル(笑)
「あそこの土地が『○ルー○イク』だった時に・・・」
「『○ルー○イク』を知ってますか!」
20年くらい前に廃業→空き地になった某施設名が出て、テンションあがったり。

そんな私たちの会話をこっそり(ここポイント)聞いているもう一人の美人従業員さん。
いっつも帰り際に、
「今日のあの話、面白かったです」
「今日のあそこのところ、笑えました」
一言感想くださるのですが、かなり恥ずかしいです

そして今日。
「○○の裏あたりに北海道の有名な鍋食べれるとこあるんですよ。
何て名前でしたっけ?・・・・十勝鍋?そんな感じの鍋ありません?」
「?聞いたことないですねー」
担当のお兄さんとそんな会話をしていて、
いざ帰り際。

「先ほどマメさんが言われてた店って、石狩鍋のお店じゃありません?」
「あぁっ。それです!あースッキリ。ありがとうございます!」
「・・・全然『十勝』とちゃいますやん」

同じ"平野”つながりということで(^^;
「隣の部屋で聞こえてきて、笑ってしまいました」
・・・・・やっぱり、恥ずかしいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック